コーヒーの王様『ブルーマウンテン』


このページでは、オリジナル小説『Stray Lamb』に登場している穂積友也が、喫茶店『Stray Lamb』にて皆様をお客様としてお迎えしているという設定のもと、珈琲をご紹介しております。

 


 

■本日のおすすめ珈琲はブルーマウンテン

 

ようこそ、いらっしゃいませ。喫茶店『Stray Lamb』へ。

 

本日の珈琲は、『ブルーマウンテン』などはいかがでしょうか?

 

カリブ海に浮かぶ島国『ジャマイカ』で生産されるこの珈琲は、優雅な香りと甘味のある味わいが楽しめます。その見事で繊細な味わいのハーモニーから、『コーヒーの王様』と称されているんですよ。

 

苦味、甘味、酸味、香り、コクと、全てが絶妙なバランスを保った珈琲となっております。特にその香りの高さから、香りの弱い豆とブレンドされることも多い珈琲なんですよ。

 

 

■ブルーマウンテンはその希少価値からも王様

 

実は、『コーヒーの王様』と呼ばれているのには、もう1つ理由があります。

 

この珈琲の名にもなっている、ジャマイカの東側に連なる『ブルーマウンテン山脈』の内側、標高8001200mのごく限られた地域『ブルーマウンテンエリア』で栽培された珈琲のみを、正しくは『ブルーマウンテン』と呼びます。

 

それ以外で生産された珈琲は、『ノン・ブルーマウンテン』と呼ばれるんですよ。

 

そんな一部の地域でしか栽培されず生産量も極めて少ないため、高級品とされています。

 

1日の寒暖差が平均で8℃以上にもなるので、豆は膨らみと縮みを繰り返すことになります。それを繰り返す事で、締りのある豆になりコクが生まれるのです。

 

栽培されているのが急斜面であること、更に害虫などにも弱いため、栽培や収穫などは

すべて丁寧な手作業で行われます。

 

その為、麻袋で保存される他の珈琲とは違って、高い品質を保てるよう樽詰めで保存がされています。

 

どうです? 『王様』と称されるのも最もだと思いませんか?

 

 

■美味しいブルーマウンテン珈琲の淹れ方

 

美味しいと感じる味わいは、人それぞれです。ですから参考までにとなりますが、ご紹介を。

 

お家でブルーマウンテンを楽しまれる場合は、挽いた状態のものではなく、豆のままで購入されることをおすすめ致します。

 

何故なら、ブルーマウンテンの魅力には、豆を挽く時の豊かな香りもあるからです。

 

この『Stray Lamb』でも、ご注文頂いてから豆を挽いておりますので、見事な香りが先程から広がっているのがお解りの事と存じます。

 

挽く時の豆の粒度は中粗挽き、抽出温度は80℃で水は軟水、というのがブルーマウンテンの味わいが楽しめるのでおすすめです。

 

あと、カップは必ず温めておいて下さいね。

 

ご自宅で淹れられる場合は、ペーパードリップ、ネルドリップ、フレンチプレスなどが良いでしょう。

 

まずは珈琲の粉13g、お湯の量160ccでお試し下さい。

 

こちらを基準として、ご自分の好みに合った挽き、分量にしていけば、どの名店にも負けない美味しいブルーマウンテンとなることでしょう。

 

 

■ぜひ自分好みのブルーマウンテンを

 

ブルーマウンテンは、その希少価値から値段も一流のものとなっております。

 

珈琲通の方をお招きする時や、ご自身へのご褒美など、特別な日にもぴったりの珈琲です。

 

それでは、お待たせ致しました。ブルーマウンテンです。

 

 

柔らかな口当たりと優雅な香り、そして繊細かつ豊かな味わいをぜひ、お楽しみ下さい。